チャンピックスで禁煙を目指しましょう

タバコへの考え方がここ最近、激変しました。
一昔前まではタバコはガムはキャンディと同じくらいの感覚でした。
会社でいえば自分の席にマイ灰皿があり、自由にタバコを吸いながら仕事をしていました。

また会議室に当たり前といっていいほど、灰皿がありましたね。
それと駅のホームにありましたし、また電車やパスの中にも灰皿がありましたよね。
タバコへの健康への悪影響の認知度が低いという事と、ワイルドでかっこいいという憧れの対象でもあったタバコです。

ただ、現代はタバコを吸う人にとってみてはとても住みづらい世界となりました。
愛煙者にとって、都会でタバコを吸うチャンスを見つける方が難しいです。

社内では狭い喫煙所に皆、縮こまりながら吸っていますよね。
駅前に灰皿はありませんし、喫茶店や飲食店でも禁煙ですし、スーパーやデパートにも灰皿はありません。
なので家で吸うしかありませんが、奥さんや子供がいれば、家で吸うことも許されません。
休日にお酒飲みながらタバコを吸って好きな映画を見るなんていう至福な時間はもう2度と経験できない事だと思って我慢するしかありませんね。
それだけ我慢しながら細々と吸っているのに、喫煙者というだけでけむたがられるし、タバコの価格もどんどんと増加しています。
家庭の経済的圧迫に繋がるという事で、遂に禁煙要望が家族から要望されるのも時間の問題でしょう。

喫煙者からどれだけ税金を回収するんだという不満もありながら、健康という貴重な財産を犠牲にして、それでも我慢して購入を継続しますか?そろそろ禁煙に挑戦する時期になったでしょう。
ただ、禁煙スタートといってそんなに簡単に止められるものではありませんよね。
簡単にやめられるのなら、世の喫煙者の方に苦労はありません。

喫煙者の実に8割以上が禁煙したいと考えているようです。
禁煙したい理由として経済的に負担があるからとか、健康に悪影響であるからとか、また今現在、喫煙の時間として費やしている時間を他の事に有効に利用したいといった意見が主です。
確かに吸い続けるメリットは全くないといっても過言ではなく、むしろ禁煙することによるメリットは数多くあります。
ではどのようにして禁煙を実施しましょうか。

禁煙はもはや気持ちだけでは難しいでしょう。
ニコチンへの依存という意味では治療が必要なのです。
そういった意味でそれ相応の治療薬を使用することをお勧めいたします。

それがチャンピックスです。
こちらの治療薬ですが、一般的なニコチンをガムなんかで摂取するのと似ていますが本質的には違います。
ニコチンを摂取しながらタバコを吸う行為を止めされる方法ですが、実は成功率は2割以下と少ない結果となっています。
それに引き換え、チャンピックスの成功率はそれを上回ります。
その理由はニコチンと似た成分によって満足感を与える事と、持続時間が長い事です。

これらの効用によって禁煙への成功率が上がります。
今注目の禁煙治療薬のチャンピックスを是非、お試ししてみては如何でしょうか。

Comments are closed.