ニコチン依存のメカニズムとチャンピックスの効能を知る

たばこをやめるのはなかなか難しく、多くの人が途中で挫折を繰り返しています。
たばこがやめられないのは、喫煙することで体内に入るニコチンの依存症によるものです。
禁煙外来では、このニコチン依存症の治療をして禁煙の成功に導きます。
ですから、処方される薬の効能や使い方について知るためには、まずは喫煙とニコチン依存の仕組みについて正しく知ることが大切です。
ニコチン依存は脳の中にある神経伝達細胞のニューロンに関係して起こります。
ニューロンにはいろいろな受容体がありますが、中でもα4β2という受容体がニコチンの受容体です。
たばこを吸うと体内のニコチンはこの受容体に結びつき、その時にはドーパミンがどっと放出されます。
ドーパミンは脳に心地よさを感じさせる物質なので、たばこを吸うことで落ち着きや快感が得られる仕組みになっています。
そしてたばこを吸わない時間が長くなると体内のニコチンの量も少なくなりますから、受容体との結合も起こらずドーパミンも放出されないという状態になります。
こうなるとニコチンを求めてたばこを吸いたいという衝動が起こり、これがニコチン依存症の禁断症状です。
さらに、たばこを吸うとニコチンが補充されて受容体も満たされ、ドーパミンによる満足感がありますから「たばこはおいしい」と感じます。
禁煙を補助するアイテムはいろいろあります。
例えばニコチンガムやニコチンパッチはその一例で、ニコチン依存のメカニズムを応用しています。
つまり、たばこ以外の方法としてガムやパッチで体内にニコチンを補給することでニコチンの禁断症状を回避し、たばこから遠ざかるのが目的です。
しかし、ニコチンパッドやニコチンガムではタバコを吸わないとは言っても別のルートで体内にニコチンを入れていますから、根本的にニコチン依存を改善することは難しくなります。
禁煙外来では禁煙のための補助薬がいろいろ使われます。
チャンピックスという薬もそのひとつです。
この薬は楽に禁煙に成功できるのが特徴で、数ある禁煙補助薬の中でも成功率が高いことで定評があり人気も高くなっています。
チャンピックスで禁煙に成功しやすい理由は、有効成分であるバレニクリン酒石酸塩の効能を知ればすぐに理解できるはずです。
バレニクリン酒石酸塩はニコチンとはまったく無関係の成分なのですが、ニコチンと同じくα4β2受容体に結合する性質を持っています。
さらにバレニクリン酒石酸塩が結合したニコチンの受容体からはドーパミンも出されますのでたばこを吸った時と同じような満足感や心地よさが得られるのです。
つまり、チャンピックスを服用することで体内にニコチンがたっぷりあるのと同じ状態になりますからニコチンの禁断症状が起こらずたばこを吸いたいという衝動に悩むことがありません。
またニコチン不足ではない状態でたばこを吸ったとしても、たばこによって心地よさが得られるわけではないので「たばこはおいしい」という感じもしなくなります。
ニコチン以外の成分でニコチン不足を解消し、たばこから遠ざかることを目指すチャンピックスの原理がパッドやガムとは根本的に異なるのがわかるはずです。

Comments are closed.