ニコチン受容体に作用するチャンピックス

禁煙が難しいのは、ニコチンの禁断症状によります。
またニコチンは、たばこをおいしいと感じさせるのでたばこが手放せなくなります。
いわゆるニコチン依存の禁断症状です。
この仕組みは、脳内にある神経伝達細胞・ニューロンと呼ばれるものに関係しています。
ニューロンには、アルファ4ベータ2ニコチン受容体という組織があります。
たばこを吸うとニコチンが体内に入りますが、体内でニコチンはこの受容体にくっつきます。
ニコチン需要体にニコチンが結合すると、ドーパミンが分泌されるので安心感が得られたりイライラが解消されるのです。
またたばこ・ニコチン・ドーパミンの連鎖で、たばこはおいしいものだという学習もされています。
これが禁煙を難しくしている要因です。
つまり個人の意思による頑張りだけではなかなか成功しないと言えます。
最近では病院に禁煙外来が置かれているところが増えています。
禁煙外来で医師の指導を受けながら禁煙するメリットには、適切なアドバイスや情報が得られることでモチベーションを維持できることの他に適切な禁煙のための補助薬が使えるということがあげられます。
禁煙外来ではいろいろな禁煙補助の薬が処方されますが、その中でも特に禁煙の成功率が高いことで評判になっている薬がチャンピックスです。
この薬を使うことで禁煙の成功率を格段に高められるのには理由があります。
それは、有効成分が脳の中にあるアルファ4ベータ2ニコチン受容体に作用してコントロールするからです。
この薬の有効成分はバレニクリン酒石酸塩といって、ニコチン受容体に作用する成分です。
チャンピックスを服用すると、体内に入ったバレニクリン酒石酸塩はたばこを吸った時のニコチンと同じようにニューロンのニコチン受容体にくっつく性質があります。
しかも、バレニクリン酒石酸塩がニコチン受容体に結合した時にもドーパミンが分泌されますのでたばこを吸わなくてもイライラしたり不安感を感じることがないのです。
つまり、チャンピックスを飲んでバレニクリン酒石酸塩が体内にあればたばこを吸いたいという衝動が起こらなくてすむのです。
有効成分バレニクリン酒石酸塩は、本人の努力とは無関係に禁煙を成功に導いてくれると言えます。
それに、この薬には、たばこを吸っても特別おいしいと感じなくさせる作用もあります。
喫煙の習慣がある時には、体内にニコチンがなくなってくると受容体からのドーパミンが減ってイライラからたばこを吸ってしまいますが、チャンピックスを服用していればたばこを吸わなくてもニコチンに代わる有効成分が受容体に結合していますので体内にはニコチンが充分あるのと同じ状態になっています。
この状態でたばこを吸っても、ニコチンは不足していませんから喫煙による満足感は得られなくなるメカニズムです。
禁煙補助のためのアイテムには、他にニコチンパッドやニコチンガムがよく知られています。
これらも煙草の代わりにニコチン受容体に作用させてドーパミンを出させることで禁煙するという原理は同じなのですが、ニコチンを使っているので本来の意味でニコチン依存を断ち切って禁煙するとなるとという点では課題の残る方法です。
その点チャンピックスはニコチンを使わずに受容体を満たすので、本当の意味での禁煙が成功しやすいのです。

Comments are closed.